Dynamic DO!.jp Presented by FSD.
Dynamic DO!.jp は、安定と使いやすさで選ばれるダイナミックDNS(DDNS)サービスです。
資料
資料番号 000011

《  ドメインのネームサーバーの確認方法  》

 フルドメインサービスをご利用いただきます場合に ドメインのネームサーバーを当方のサーバー NS.FURU.ORG、NS2.FURU.ORG に 変更いただきますが、変更がインターネットに反映されるまで 1〜3日かかります。

 ドメインのネームサーバーの変更は以下の順に反映されていきます。

a. ご契約のレジストラ(ドメイン取得管理指定業者)のレジストリデータベース
  ↓
b. ドメインのレジストリ情報
  ↓
c. 上位ドメイン(.jp, .co.jp, .com, .net など)のDNSサーバー
  │
  ├→ d. 当方 Dynamic DO!.jp のDNSサーバー
  ├→ e. お客様がご利用のDNSサーバー
  ├→ f. その他インターネット内のDNSサーバー
  :

  ※ d. 以降の順序は定まりません。
変更が反映されたかどうかは以下の方法で確認いただけます。


■ b. の確認方法
 Whois データベースで確認いただけます。Whois をWebで提供するサイトも多くあります。

.jp http://whois.jprs.jp/
.com, .net, .edu http://registrar.verisign-grs.com/whois/
.org, .info 等 http://www.internic.net/whois.html
Whois の応答中の Name Server を確認ください。


■ c. の確認方法
【Windows NT/2000/XP の場合】
 .jp の場合、.jp のDNSを求めます。コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行ください。
  nslookup -type=ns sample.jp a.root-servers.net
応答中の jp nameserver = A.DNS.jp より、.jp のDNSサーバーが A.DNS.jp と判ります。 次に、.jp のDNSに問い合わせます。コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行ください。
  nslookup -type=ns sample.jp A.DNS.jp
応答中の sample.jp nameserver = ????????? を確認ください。

【UNIX の場合】
 Windows のnslookup コマンドに変わり以下のコマンドを利用ください。
  dig sample.jp ns @a.root-servers.net
  dig sample.jp ns @A.DNS.jp


※厳密には、B.DNS.jp、C.DNS.jp など、すべての .jp のDNSサーバーに反映される必要があります。

 .jp 以外のドメインも同様です。A.DNS.jp ではなく、それぞれの上位ドメイン用のDNSサーバーに 問い合わせてください。


■ d. の確認方法
 お客様の環境からは確認できません。


■ e. の確認方法
【Windows NT/2000/XP の場合】
 コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行ください。
  nslookup -type=ns sample.jp
応答中の sample.jp nameserver = ????????? を確認ください。

【UNIX の場合】
 Windows のnslookup コマンドに変わり以下のコマンドを利用ください。
  dig sample.jp ns


補足:
c. にも複数のDNSサーバーがあり、また、e. にも複数のDNSサーバーがあり、また、 f. としてインターネット中には無数のDNSサーバーがあります。 変更が反映されていないDNSサーバーを参照する環境では古い情報を利用するため アクセスできない場合もあります。通常は時間の経過により解決されます。

Dynamic DO!.jp 2004/1/17

資料番号 000011

資料一覧へ戻る



Copyright © 2001-2016 by Furukawa System Design, All rights reserved.